求人に応募したら避けては通れない面接

面接の種類

面接の方法は1つだけではありません。いろいろな方法があるのですが、一般的なのは1対1の面接でしょう。自分と面接の担当者とで面接を行うのですが、中小企業では社長が自ら面接を行うケースが多くなっています。大企業などでは総務部や人事部の管理職の人が行う場合もあります。このように1対1で行う面接だけではなく、自分1人と複数の担当者で面接をするケースもあるでしょう。

このような場合には、人事部などの管理職の人と一緒に社長を交えて面接をするのが一般的です。大体自分1人に対して、3人で対応するケースが多いと言えるでしょう。この逆パターンも存在しています。大手企業では多数の人が求人に応募するので、1人ずつ面接をしているとかなり時間がかかってしまいます。そのため、3人ずつ面接をするというパターンもあるのです。

この場合、面接の担当者も複数で行う場合が多いのですが、1人しか担当者がいない場合もあるでしょう。アルバイトでは担当者が1人のケースが多くなっています。特に応募者複数で面接をする場合、自分が考えておいた回答を前の人が言ってしまう場合もあるでしょう。そのため、答えを1つだけ用意しておくのではなく、最低3つぐらいは考えておいた方が無難です。